□ 花立てから水漏れするようになってしまった…
□ ねじ式の花立ては水の交換が面倒…
□ 外柵や石塔の目地がボロボロになっている…
□ 石が風化してしまったので、新しくしたい…
□ 納骨堂が小さいので広くしたい…
□ 石塔が傾いてしまった…
□ お墓の耐震性を高めたい…
□ 階段部分をフラットにして足腰の負担をなくしたい…
□ 玉砂利の隙間から生えてくる雑草の量に困っている…等

昔からあるお墓は長い年月雨風にさらされて、どうしても細かいところに劣化が出てくるものです。
またシーズンになると処理が大変な雑草への負担も軽減する方法があります。



ご予算にあったご提案をさせて頂きます。


リフォーム内容によって、かかる費用は千差万別です。
お客様のご予算にあったご提案をさせて頂きますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

リフォーム例

花立交換前

この花立ては土台部分に固定するタイプで取り外しが出来ず、水の交換が不便なものでした。

花立交換後

交換後の花立ては台座部分から上にスッと抜くだけで水の交換が出来るものになり、煩わしさが解消されました。

目地補修前

古い石塔などの目地はセメントを使用しており、長い月日のうちに風化して取れてしまう事が多いです。

目地補修後

一旦、古い目地を外し、新たな目地は石材用のコーキング材を使用する事で、見た目もスッキリして、風化にも強くなります。