まずは大きく分けて2種類

お墓の形も現在は多くの種類がありますが、まずは「和型石塔」と「洋型石塔」の2つに分かれます。
さらにその中でも「一般型」や「高級型」などのデザインの差があります。
ここでは、幾つか代表的なものを掲載してあります。

また既存の形にとらわれない、お客様のご要望に併せたデザインでの制作も可能ですので、
お気軽にご相談ください。

画像をクリックすると拡大表示されます。

和型石塔 「一般型」

和型石塔 「一般型」



最も基本的なスタイル

様々なデザインの中でも、最も基本的な形の和型石塔です。
直線的なスタイルで、シンプルな印象になります。


和型石塔 「高級型」

和型石塔 「高級型」



現在主流のスタイル

石塔を構成する部材「切出亀腹」や「水垂」などの加工が施された
和型石塔です。
また、基本的には花立てと水鉢部分が分離している事が多いのも
特徴の1つです。
現在、和型石塔というと「一般型」よりも、この「高級型」が
標準のスタイルになってきています。


和型石塔 「スリン・蓮華」など

和型石塔 「スリン・蓮華」など



豪華さが特徴のスタイル

○○家之墓などと彫られる「竿石」という部材と、その下になる
「上台」という部材との間に「スリン」や「蓮華」と呼ばれる部材を
挟んだ和型石塔です。
これらの装飾が入ることで高級型石塔より豪華さが増し、さらに存在感のあるスタイルになります。



洋型石塔 「一般型」

洋型石塔 「一般型」



洋型石塔の基本型

和型の一般型同様、装飾的なものを一切取り除いたデザインです。
洋型石塔は、敷地面積などによって2段になる場合と3段になる場合が
あります。


洋型石塔 「高級型」

洋型石塔 「高級型」



洋型でも人気のスタイル

こちらも和型の高級型と同様、「切出亀腹」や「水垂」などの加工が
施されます。
また竿石にあたる部材に「額」と呼ばれる加工をするものもあります。


洋型石塔 「その他」

洋型石塔 「その他」



和型よりも多様なデザイン

洋型の石塔はデザインが多岐に渡り、自由度が高いのが特徴です。
竿石部分だけでも「オルガン型」や「櫛型」など、またそれに額加工をしたりと、様々な組み合わせから選ぶことが出来ます。





供養塔・灯籠など

供養塔・灯籠など



五輪塔や灯籠について

主に50年以上過ぎた先祖代々の霊を祀るものが五輪塔になります。
また宗派によっては、和型石塔の代わりに建立する場合もあります。


灯籠は、その昔には実際に火を灯して使用していたものですが、
現在では実用性よりも形式的な意味合いが強くなっています。
灯籠には大きく分けて「墓前灯籠」と「置き灯籠」という種類があり、
それぞれに丸型と角型のデザインがあります。






白系・黒系以外にも様々

石の種類については、現在とても多くの種類があります。
ここでは基本となる白系・黒系やグレー系の中間色などの石から代表的なものを掲載してあります。
使用する石種によって比較的安価なものから、高価なものまで金額にも千差万別ですので、
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

画像をクリックすると拡大表示されます。
( )の中は採石国・地名です。

白系御影石

G623(中国)

G688(中国)

AG213(中国)

グレー系・黒系御影石

G654長泰(中国)

OG-7(インド)

クンナム(インド)

その他の色の御影石

G663(中国)

ニューインペリアルレッド(インド)

M1-H(インド)

国産御影石

真壁小目(茨城)

磐梯御影(福島)

深山ふぶき(福島)